ドラマ・映画

人間失格 太宰治と3人の女たち 感想レビュー 主演小栗旬

人間失格 太宰治と3人の女たち 感想レビュー

最近めっきり映画館で映画を観ることが習慣化してきました。
お金はかかるけど映画が10倍楽しくなると言ってもいいです。
暇つぶしの道楽かもしれませんが、道楽するための人生よ!

恋と革命!

人間失格 太宰治と3人の女たち 監督 蜷川実花

監督 蜷川実花

出演 小栗旬、宮沢りえ、二階堂ふみ、沢尻エリカほか

劇場公開初日に観に行きました。
劇場は小栗旬くんのファンらしき女性がたくさんいました。
蜷川実花さんのファンも女性が多い気がします。
監督、キャスト、申し分ないです。
編集者役の成田凌さんにも目が離せません。

ドン!と出てくる藤原竜也さんもめちゃいいです。

太宰治を題材に蜷川実花監督がどうするかが楽しみでもありました。
時代背景は極彩色の蜷川実花作品にぴったりの戦後の日本のお話。
舞台もモダンな日本文化満載で見どころあり。
どのシーンも極彩色で観るのが飽きませんでした。
太宰治の人生を題材にしたノンフィクション映画。
太宰治の人生をリアルに知ることができる映画でした。

人間失格 恥の多い人生を送ってきました

小栗旬のための映画かと思うほど、小栗旬がかっこよく、自堕落に、クレイジーに太宰治を演じています。
本当にかっこいいです。
そして当然3人の女との絡みのシーンも見どころあり。
あえて言いませんが、女優さんの脱ぎっぷりもびっくりするほどです。
R15、裏切りません。

展開の早い前半から後半にかけて少し中だるみを感じるのは否めなかったですが、またラストに近づくにつれグッと引き込まれます。

小栗旬くんは朽ち落ちていく太宰を演じるために14キロの減量に取り組んだのだとか。
役者魂が凄すぎます。

人気作家でありながら次々とスキャンダラスに女性と関係を持ち、それをまた作品で表現する破滅型作家太宰治の人生。
小栗旬さんが演じてくれて本当に良かったと思う!

監督、役者、全て「お見事!!」と言える作品でした!!
観終わった後にもう一度観たいと思える作品は名作です!

PS:日常で「うまーい!」「うまーい!!」というセリフが脳裏でこだまする瞬間が出来ました。
完全にやられています(笑)

太宰治作品が一挙に読めるKindle版がありましたので即買いしました!

ケラリーノ・サンドロヴィッチが戯曲を書いた「グッドバイ」の映画も完成しており、主演、大泉洋さんですのでこれも楽しみすぎます!

「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」2020年2月14日公開

古屋兎丸先生の人間失格もめちゃくちゃおもしろいです!
面白いって「顔面蒼白」って意味ですよね?!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ドラマ・映画
-,

Copyright© Cloud , 2019 All Rights Reserved.