ドラマ・映画 音楽

ロケットマン 感想 エルトン・ジョンの半生

2019年8月31日

ロケットマン鑑賞 エルトン・ジョンの半生

エルトン・ジョンについては名曲とゲイをカミングアウトしていることぐらいしか正直あまり知りませんでした。
でも「Your Song」って曲が物悲しくてとても好きなので、その勢いで映画を観ました。

ロケットマン ROCKET MAN

エルトン・ジョンの幼少期の重く孤独なシーンが印象的です。
父親に愛されない・・・
そのひとつのことが彼の人生を大きく苦しめ続けます。
父親との再会シーンでは本当に胸を締め付けられます。

それを払拭するかのようにステージで派手に動き歌いまくるエルトン。
そのコントラストがまた悲しいんですよね。

一気に有名人になり壊れていく人間関係やエルトンの内面、ドラッグ漬けの毎日。
裕福とは正反対にさらに孤独になっていくエルトン、観ていて本当に重苦しいです。
それでも音楽が彼の人生の新たな道を開いたんだな。

エルトン・ジョンを演じきったタロン・エガートンが見事です!
歌も見事に歌いきっちゃってますから、なんてこったい!です!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よあけ

よあけくん:コンビニ研究、筋トレ、ダイエット、アンチエイジングが趣味 な健康オタク/ デブ活も好き / 筋トレやダイエットの結果には個人差があり、効果を保証するものではありません / 商品の実体験記事の執筆をご希望の場合、お気軽にお問い合わせください

-ドラマ・映画, 音楽
-

Copyright© コンビニエンタブログ , 2020 All Rights Reserved.