KURASHI - くらし

格安葬儀比較「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」どちらが良いか?

更新日:

「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」どちらが良いか?

葬儀費用をできるだけ安くしたい

身寄りが少ないので家族だけで葬儀をしたい

葬儀の費用の相場が不透明

そういった声を反映し「価格が安くても心のこもった葬儀を行う」会社が現れテレビでも取り上げられました。

次に紹介するサイトから資料請求・相談などが行えます。

格安葬儀比較「小さなお葬式」「よりそうのお葬式」

定額制の葬儀サービスとして日本国内で有名な会社が「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」です。

各社のサービスや値段を調べてみると、サービスはほぼ同等ですが価格差があります。

安ければ良いのか?
やはり高い方がいいのか?

この記事ではその差を簡単に解説します。

「よりそうのお葬式」148,000円(税込)〜

よりそうのお葬式」では追加料金のない定額葬儀プランが用意されているのが特徴です。
無宗教葬でお坊さんのいないお葬式ですが、別途お坊さんを手配する「お坊さん便」(55,000円〜)を利用することも可能です。

よりそうのお葬式

  1. 火葬式 148,000円(税込)式を省略した火葬のみのプラン
  2. 1日葬 278,000円(税込)お通夜を省略したプラン(告別式・火葬)
  3. 家族葬 398,000円(税込)少人数でゆっくりとした葬儀(通夜・告別式・火葬)
  4. 一般葬 498,000円(税込)知人や友人を多く招きたい葬儀(通夜・告別式・火葬)

事前予約で最大50,000円の安くなる事前割サービス

お葬式を事前予約?!」ってビックリしますが「終活ブーム」でこういった事前準備を行う人も増えている。
全国約3,000箇所の斎場から寺院を使用可能。
葬儀に不満があれば全額返金保障あり、低予算でも満足のいく内容を保障してる。

具体的な内容などは事前に問い合わせ・相談が可能です。

よりそうのお葬式 イメージ動画

「小さなお葬式」193,000円(税込)〜

「小さなお葬式」では、お通夜・告別式を行わず火葬だけのできるだけ費用を抑えたプランや、小さな家族葬、小さな一般葬などの資料請求・事前相談ができます。

小さなお葬式

  1. 小さな火葬式 193,000円(税込)〜
  2. 小さな1日葬 343,000円(税込)〜
  3. 小さな家族葬 493,000円(税込)〜
  4. 小さな一般葬 643,000円円(税込)〜

葬儀費用が最大66,000円安くなる「早割」プラン

資料請求すると事前準備に便利な「エンディングノート」がもらえる。

小さな家族葬のイメージ動画

お葬式の連絡から終了までイメージできる動画です。

「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」の比較

「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」を比較してみるとプランはほぼ同じです。
金額だけみると「よりそうのお葬式」の方が全体的に安いです。
でも利用数を調べると「小さなお葬式」のほうが利用件数が多いようです。
何故なのか気になるので調べてみると、定額料金とは謳っていても、追加料金がかかる場合があることがわかりました。

「小さなお葬式」の追加料金がかかる場合

葬儀の日程や住いの地域の規定、希望する葬儀場、オプションの追加などによって、プラン料金以外に費用がかかる場合がある。

  1. 規定の火葬料金(市民料金)で火葬が行えない一部のエリアで火葬を行う場合
    公営火葬場の無い地域や、公的サービスとして市民料金の設定が無い地域にお住まいの場合、市や町内に公営火葬場がない地域(首都圏や沖縄県の一部地域等)や、市民料金の設定がない自治体に住民票がある方は、追加費用がかかる。
    一例、
    【東京都】東京23区、狛江市、調布市、三鷹市、武蔵野市、小金井市、国分寺市、小平市、東大和市、東村山市、西東京市、東久留米市、清瀬市
    【埼玉県】八潮市、草加市、蕨市、戸田市、和光市、朝霞市、新座市、志木市
    【神奈川県】横浜市の一部、鎌倉市、逗子市、葉山町
    上記のエリアで火葬を行う場合、追加で60,000円(税込)がかかる。
    ※都民で瑞江葬儀所を利用する場合も同様。
    ※東京23区のうち、大田区・世田谷区・港区・品川区・目黒区に住所を有する方(亡くなった方もしくは葬儀を主宰する方)は、臨海斎場で火葬を行う場合 30,000円(税込)で利用可能。
  2. 各プラン規定の安置日数を超える場合
    【小さなお別れ葬・小さな火葬式・小さな一日葬の場合】
    お迎えから葬儀の終了までが3日を超える場合には、1日あたり10,800円の追加料金
    【小さな家族葬・小さな一般葬の場合】
    お迎えから葬儀の終了までが4日を超える場合には、1日あたり10,800円の追加料金
  3. 付き添い安置をご希望される場合
  4. 各プラン規定の式場利用料を超える葬儀場を利用する場合
    下記の金額との差額が追加費用としてかかりる。
    【各プランの規定料金】一日葬プラン:50,000円(税込)、家族葬・小さな一般葬プラン:100,000円(税込)
    (95%のエリアでは追加費用がかからずにご利用できる式場がある)
  5. 寝台車または霊柩車での規定の搬送回数のうち、1回の移動距離が50kmを超える場合
  6. 事件・事故でお亡くなり等、遺体の状態が良くない場合
  7. 宗教者へのお布施や料理・返礼品の追加など、プランに含まれないサービスを希望する場合

 

「よりそうのお葬式」の追加料金がかかる場合

  1. 参列者への返礼品や食事を別途手配して頂いた場合
  2. 僧侶へ読経を依頼、または戒名の授与を依頼する場合
  3. 住民票がある地域以外(市民料金の適用外)の火葬場、及び公営葬儀斎場を使用する場合
    【葬祭場について】
    葬祭場の使用料が50,000円を越える場合は、超過分の追加費用が発生!

    首都圏一部の民営斎場を利用した場合、最大で19万円追加される場合があり。
    【火葬場について】
    火葬場の使用料が15,000円を越える場合は、超過分の追加費用が発生 !
    また、首都圏の一部地域では民営の火葬場利用となるため、火葬料金が6万円追加さる!
  4. 規定日数以上の期間において遺体の安置を希望する場合。1日あたり10,800円(消費税8%込)必要
  5. 自分で希望でその他物品・サービスを注文した場合
  6. 搬送距離が50kmを超える場合
  7. ほかにも、上記以外にも追加費用が発生する場合がある

ホームページにもこの情報は記載されているが、うっかり知らなかったということがないようにしておこう。

「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」どちらが安い?家族葬の場合は特に気をつけたい
  1. 一番わかりやすいのは「僧侶の読経を依頼すると別料金」ということは共通している。
  2. できるだけ費用をおさえたい火葬式、1日葬を検討している場合、「よりそうのお葬式」が安いかもしれませんが、オプション・追加料金が発生しないか事前に確認した方がよい。
  3. 家族葬、一般葬を検討している場合、できるだけ華やかに送り出したい場合、基本プランとあなたが思う葬儀の形にギャップがないか要確認。相談。
  4. 火葬場や葬儀場の使用料金は住んでいる地域によって追加料金がかなりかかってしまう場合があるので要確認。
    これによって「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」のどちらに依頼した方がよいかが変わってくる。

「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」は同じようなプランが用意されているが、そこそこの家族葬、一般葬を望む場合は「小さなお葬式」が人気
それでも格安で華やかに送り出す葬儀を行うことができるようです。

心のこもった葬儀ができるかどうかという点を、予算と考えて行うのがよいでしょう。

どちらも無料で資料請求・見積もり・相談ができ早期割引も用意されています。
エンディングノートももらえるので、今から準備しておきましょう。
いざという時に安心です。

身内が亡くなった時にすべきことについて、事前に調べておいて私自身非常に役に立ちました。
他の人にも役立てばと思います。

余命宣告
死亡届書の出し方 余命宣告を受けた時に家族が準備すべきこととは?

死亡届書の出し方 余命宣告を受けた時に家族が準備すべきこととは? 人間いつ死ぬかわかりませんが、いつ頃死ぬかがわかっちゃうのが余命宣告です。 余命宣告はあくまでも余命であってその時期になれば必ず死ぬと ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-KURASHI - くらし

Copyright© Cloud , 2019 All Rights Reserved.