星野源 5thアルバム POP VIRUS 星野源と感染とニューアルバム


【Amazon.co.jp限定】POP VIRUS(CD+Blu ray+特製ブックレット)(初回限定盤A)(星野源 POP VIRUS オリジナルA4クリアファイル D type付)

星野源 5thアルバム POP VIRUS

星野源、3年ぶりの待望のニューアルバム発売「POP VIRUS」。

2018年12月19日発売。

星野源と感染とニューアルバム

ダ・ヴィンチ 2018年12月号

アルバムのタイトル「POP VIRUS」の由来は現在発売中のダ・ヴィンチ 2018年12月号に書かれてあるので割愛。由来を知ってムムムと唸ってしまった。

思い起こしてみると、前作「YELLOW DANCER」のヒットに続き「」の大ヒットで多くの日本国民は星野源に感染してしまったわけだ。感染というのは痛みをも伴う。今まで星野源ファンだけの星野源が、お茶の間の星野源に変わり、いつも明るく陽気なおげんさんだったり、星野源くんだったりのパブリックイメージがついてしまった。そのことに関してはダ・ビンチにも星野源の言葉で書かれている。

Family Song」「ドラえもん」「アイデア」は星野源というよりも、パブリックイメージの求められる星野源像によって作られた曲に感じる部分もあった。それは当然構わないのだが、星野源の裏も表も楽しめる新しいアルバムをファンは待ち望んでいたのだ。それがついに発売される。シングルでも手を抜く星野源ではなく、サブトラックや特典映像に唸るほどのサービスとアイデアとメッセージを感じることができた。でもでもやっぱりアルバムが待ちどうしかった。

星野源 5thアルバム POP VIRUS 収録曲

」「Family Song」「ドラえもん」「アイデア」これらの曲は新たにトラックダウンされた音源が収められるだろう。その他は一体どんな曲が収められるのだろうか?

考えただけでワクワクする。ヒット曲の隙間の、まだ耳に届かない名曲に思いを馳せる。まだまだ星野源のウイルスに侵されて微熱を出していたい。「うう」とか「うわぁ」とか言いながら、時には涙を流しながら、時には笑いながら、時には踊りながら、星野源に感染していたい。もっと狂わせて欲しい。予約せずにはいられない。

我々はまだ、本当の星野源を知らない。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


SNSでもご購読できます。