ショートスリーパーとは?短時間睡眠のコツとは?


ショートスリーパーとは?

本来はショートスリーパーは、短時間睡眠で健康な人をいいます。

僕の場合は、短時間睡眠型ですが、若干不眠気味なので健康とはいえません。そのかわり生活時間が自由なので、寝たい時に寝て、1日に2回は寝ていると思います。つまりお昼寝を1時間ぐらいする場合や、2度寝をよくします。

外出先などで眠れない場合は体調崩しがちなので、気をつけなきゃなって気づきました。睡眠不足すぎてかなり疲労してしまったので、眠剤の導入も考えないといけません。
良い睡眠をとる上で欠かせないのがセロトニン。その原料となるトリプトファンを効率的に摂るためのサプリメントがあります。

トリプトリズム

「短時間睡眠のコツ」という記事を読んで

社畜になるための短時間睡眠って自己犠牲でしかないけど、自分の時間を増やすために、また体調管理をしっかりするために「良質の睡眠をとる」というのはいいですね。

私の場合、不安が募ると悪夢ばかりを見てしまい、「わぁぁ!!」と大声を出して起きてしまった過去もあります。今はそこまでひどくないですが。

re-sta.jp

読みどころを抜粋しますね。

  1. 短時間睡眠の最適時間は 4 時間半
  2. 夢を見るような浅い睡眠(レム睡眠)とほとんど夢を見ない深い睡眠(ノンレム睡眠)について
  3. 睡眠は午前 0 時から午前 6 時の間に取る
  4. 目覚めをよくする起床時間
  5. コルチゾール|朝起きてすぐに活動できるホルモン
  6. メラトニン|朝の眠気を左右するホルモン
  7. 毎朝、必ず食事を取る
  8. 就寝の 2 時間前に軽い運動を行う

記事の内容は目新しい情報はないけど、良質の睡眠を心がけるにはまとまった良い内容だと思いました。こういう記事って間に受けると害になるけど、参考になるところは参考にすればいいと思います。

短時間睡眠を毎日やればいいかというとそういうわけでもなく、週に何日かは寝たいだけぐっすり寝る日も必要だと思います。

短時間睡眠のコツ まとめ

  • 毎日4時間半は熟睡タイムをもうける
  • 入眠は午後23時から午前2ぐらいまでの間にする
  • 毎朝必ず食事をとる
  • 就寝2時間前は軽い運動を行う(ということは午後9時ごろ)
ショートスリーパーに憧れると危険

記事には「お酒は就寝の3時間前までにする」って書いてますが、お酒飲んだ後に運動なんてしないですね。普段はほぼ飲まなくなってるし、チートデイに飲むぐらいです。そもそも普段はストレスがないので、お酒も飲まなくなりました。

仕事をしていると「そもそもそんなことできたら困らねぇわ!」っていうのが本音だと思います。以前ウツの診断を受けていたのに3日連続徹夜させられた会社があって、しかも休日出勤までさせられたので、強引に辞めました。こういう状態で、短時間睡眠に憧れる人もいるんだるなぁ。。そもそもブラック企業に勤めてると、規則正しい生活なんて出来ないので、こういうライフハック系の記事は無意味だし、逆に死が近くなると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。