湯シャン歴3年以上の私が「抜け毛・フケ・臭い・かゆみ」などについて話すよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湯シャン歴3年以上の私が「抜け毛・フケ・臭い・かゆみ」などについて話すよ。

ミニマリストという言葉が流行る前から、無駄なものは買わない使わない。
っていうことで、台所洗剤とかも油が付いてなかったら本当に少量の洗剤しか付けずに洗うようになっていた。

できるだけ余計な物を消費しないという思考になってから、消耗品がぐっと減りました。

湯シャンというのがあることを知り、かゆみやフケの原因がシャンプーのすすぎ残しだということもわかり、早速湯シャンを実践してみたのがもう3年も前。湯シャン歴3年以上の私が「抜け毛・フケ・臭い・かゆみ」などについて話します。

湯シャンのやり方

お湯だけで毛髪や頭皮の汚れを丁寧に洗い流すだけです。

頭皮を傷つけないように爪を立てずに、マッサージするように頭皮と髪を洗います。

完全にシャンプーをやめるのではなく、はじめは数日から1週間に1回シャンプーしてました。
最近は1か月に1回とかです。

 

「抜け毛・フケ・臭い・かゆみ」などについて

湯シャン前と湯シャン後でどう変わったのか?

湯シャンを始めたきっかけが、頭のかゆみに悩まされていたからでした。
毎日洗ってもかゆい、フケが出るという悪循環。
抜け毛も気になる、というのが普通にシャンプーしている時。
毎日シャンプーをして、すすぎ残しが残っちゃうということがすべての原因でした。

そもそもシャンプーって本当に必要なのか?

この世にはシャンプーを使ってなかった時代があって、そのほうが長かったわけですよね。
むしろシャンプーをせずに湯シャンが普通だったはずです。

過剰の考えをすると、本来不要なシャンプーを販売会社が売りたいがために、あれこれと理由を付けて売ってて、CMなどで「シャンプーをすると快適」と洗脳している。極端な考えですが。

はみがきもMISOKAという歯磨き粉を使わない歯ブラシを愛用しています。
汚れを取れば、歯も口の中も清潔なんですね。

 

湯シャン体験後

しばらくしてかゆみやフケがなくなりました。
やはり頭皮に残ったシャンプーの洗い残しがかゆみの原因だったようです。
かゆみがなくなると頭を掻かなくなるので、抜け毛も減りました。

シャンプーすることで強制的に頭皮の必要な皮脂まで取り除いてしまうので、足りない皮脂を頭皮が頑張って出そうとするので頭皮が必要以上に油分を出そうと頑張ります。
これが頭皮や髪が油っぽくなる原因です。

湯シャンだと適度な皮脂が残るので、逆に頭皮は油っぽくなくなります。
頭皮が皮脂を出す活動を活発にしなくても良いからです。

 

抜け毛・フケ・かゆみの悩みはすっかり解消されました。

でも臭いや髪質が気になりますよね。

 

ヘアサロンで「ぼくの髪質どうですか?」って聞いたら

すごくいいですよ。傷んでないです」って言ってもらえました。

臭いということもないです。

毎日シャンプーする理由もメリットも無くなりました。

 

 

今は気になった時に丁寧にシャンプーするぐらいです。

シャンプーするとやっぱり髪はふんわりしますね。

 

頭皮のケアとして、自作のアロマスプレーを愛用

  • 精油(アロマオイル) 適量
  • 無水エタノール 小さじ1
  • 化粧用グリセリン 小さじ1/2
  • 精製水 100ml

これは大体の目安です。

慣れれば好みに合わせてください。

市販の化粧品の主成分はアルコールと水です。
保湿のためにグリセリンを使います。

一般の化粧水の成分を確認してみてください。
グリセリンとエタノールが入っていると思います。
あとは保存料や香料などで構成されています。
保存料などは本来はスキンケアには無関係のものです。

手作りだと作ってから使い切るまで比較的短期間なので、保存料が不要でお肌に余計なダメージを与えることがありません。

ここで紹介する全く同じもので手作りアロマ化粧水を作っています。
シャンプーは使わないし化粧水やヘアトニック類も買いません。
経済的にもかなり節約できます。

ということでシャンプー化粧水も買わない生活を何年も続けています。
おかげでかなりのアンチエイジングです。

手作りアロマに必要な材料

 

おすすめの精油

肌に良いといわれているシダーウッド

 

清涼感を与えかゆみを抑えるペパーミント

 

手作りアロマに必要な備品

 

アロマテラピーおすすめの本

ほかにも様々な手作りアロマや活用方法が掲載されています。

 

シャンプーもコンディショナーも化粧水もほとんど不要になりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  このページの情報がいいな!と思ったらポチッとお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。