セルフレジの仕組み セルフレジで戸惑わない知識


     

    セルフレジの仕組み ファミレスセルフレジで戸惑わない知識

    すかいらーくグループがファミリーレストラン初のセルフレジを導入しました。

    ジョナサン、ガスト、バーミヤンなどで導入されます。

    マクドナルド、アパレルのジーユー、無印良品、CD販売店HMVなどでもセルフレジ導入の動きがあります。

    人材不足や効率化を考えると、この流れは今後もっと大きくなっていくでしょう。

     

    セルフレジが便利なのは知っているけど「使ったことがない」という人も多いと思うので説明します。

     

    セルフレジの仕組み・精算の仕方

    すかいらーくグループではこのような流れで精算が行われるようです。

    無人のレジで伝票を読み込ませる。

    クレジットカードや電子マネーで支払う

    クレジットカードがない人は?

    ローソンのセルフレジ

    (画像引用:ウィキペディア

    セルフレジのメリット

    • 混雑時の会計の待ち時間を短縮することができる。
    • 会計がスピーディーになるので、スーパーなどは店舗に設置するレジ数を削減できる。
    • 店員がお金に触れないので精神的ストレスを削減できる。

     

    店員の精神的ストレスの軽減について

    レジ担当をしたことのある人ならわかると思いますが、
    会計でつり銭渡しのミス、会計ミスなどは見えないストレスです。
    人的ミスがなくなることも業務効率化にもつながります。

     

    セルフレジのデメリット

    • 自分でスキャンしたりするのが面倒。
    • 会計がうまくできるか不安。
    • お客が会計に戸惑うと逆に時間がかかる。
    • クレジットカードが使えるのかよくわからない。(使えないところもある)

     

    セルフレジの一番のデメリットは使い方で戸惑うことです。
    会計をサポートしてくれる店員がいますから、すぐに手伝ってもらうことができます。

    クレジットカードが使えず現金精算のスーパーなどもあります。
    お店側はわかりやすい掲示をして欲しいですね。

     

    まとめ

    セルフレジの仕組みを理解して使ってみましょう。
    意外に簡単なのですぐに慣れます。

     

    国税調査で今後の日本の人口は減少となることがわかっています。
    そういう意味でもセルフレジ化は、今後もいろんな業種で導入されていくでしょう。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。