WordPress自動サイトマップの作り方・Googleサーチコンソールの設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressサイトマップの作り方

Googleにブログの更新を伝えるためにサイトマップが必要です。

検索順位を上げるためにも必須です。

WordPressでサイトマップを作るには2つのプラグインを使います。

サイトマップを作成するのに必要なプラグイン

WordPressの管理ページからプラグインをインストール。

  • Google XML Sitemaps
  • PS Auto Sitemap

 

Google XML Sitemaps

人が目視するためのサイトマップを自動作成します。

一度設定すればあとは自動で更新されます。

例)サイトマップ

 

  1. プラグインをインストール
  2. 任意のページにHTMLで下記コードを埋め込む
    任意のページとは固定ページでも投稿ページでも可能

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

 

 

サイトマップを表示する記事の設定

サイトマップを表示する記事のIDを入力

記事IDは投稿ページ、固定ページのURLを見ればわかります。

ともにユニークな数字が振られています。

post.php?post=92&action=edit

記事IDの数字を設定する。

 

PS Auto Sitemap

サーチエンジンが認識するためのサイトマップを作成します。

プラグインを有効にすれば機能します。詳細な設定も可能。

サイトマップのURL例

あなたのWordPressのURL/sitemap.xml

 

Google Search Consoleの設定

Google Search Consoleを使うと検索流入を増やす上でもよい結果が期待できます。

これも利用するのは必須です。

 

主なメリット
  • 新規記事をGoogleに早くインデックスされるようにリクエストを送ることができる
  • 自分のサイトの検索キーワードをを知ることができる

手順

  1. Google Search Consoleにログイン
  2. プロパティーを追加
  3. ウェブサイトを追加
  4. 所有者であることを確認*
  5. サイトマップの追加(あなたのブログのxmlファイルの通知をする)

*所有者の確認方法など不明なところは下記ページを参考にしてください。

詳細 Search Console アカウントを設定する – Search Console ヘルプ

 

この3つの設定でGoogleに評価してもらう準備は完了です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  このページの情報がいいな!と思ったらポチッとお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。

コメント

Comments are closed.