ジョージ・マイケル逝く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FAITH

ジョージ・マイケル逝く

2016年はなんという年なんでしょうか?

デビッド・ボウイ、プリンス、そしてジョージ・マイケルまで逝ってしまった。

80年代に活躍した大物アーティストが次々と亡くなってしまう年となった。

ジョージ・マイケルの死因は?

死因はあきらかになっていないが、25日に自宅で穏やかに亡くなっていたという。

 

ジョージ・マイケル(George Michael、1963年6月25日 – 2016年12月25日)

  • 1982年 Young Guns (Go For It!) でデビュー 英チャート3位
  • 1987年 フェイス  でソロデビュー 英チャート1位・米チャート1位
  • 1998年に公衆わいせつの現行犯で逮捕。その後ゲイであることを告白
  • 2010年には7月に大麻を吸引
  • 2016年12月25日午後、イングランド南部オックスフォードシャー州の自宅で死去。53歳没

参考:ウィキペディアジョージ・マイケル

 

いろいろ派手にやらかしてますね。

ある意味悪い印象のポップスターだったのかもしれない。

 

おすすめアルバム

ジョージ・マイケル ソロ

FaithOne More Tryなど、名曲ぞろいのソロデビューアルバム

「フェイス 」でソロデビュー 英チャート1位・米チャート1位(1987年)

 

ワム!

アイドル的人気となり続々とヒット曲を世に送り出した。

Last Christmas 、Club Tropicana、Wake Me Up Before You Go Goなどヒット曲が楽しめる。

 

あらためて聴いてみると、

(岡村靖幸氏、ずいぶん参考にしてるなぁー)

モータウンやファンクの影響を受けていて心地よい。

当時の時代背景を考えてもヒットしないわけがないし今聴いてもいい曲ばかりだ。

DJパーティーなどでもよくプレイさせてもらった。

 

1990年に発表されたソロアルバム「Listen Without Prejudice」のボッックスセットが発売予定だった。

Listen Without Prejudice 25 Box set

 

SYMPHONICA

オーケストラをバックにジョージの声を思う存分堪能できるライブアルバム

2014年発売の本作、オーケストラをバックにジョージ・マイケルが歌う。

なんとも夢心地なライブ盤です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  このページの情報がいいな!と思ったらポチッとお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。