大晦日や引越しでなぜ蕎麦を食べるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大晦日や引越しでなぜ蕎麦を食べるのか?

日本には引越しや年越しで蕎麦を食べる習慣があります。

なぜでしょうか?

年越し蕎麦は主に3つの意味で縁起をかついて食べる

  • 細く長くの意味
  • 職人はそば粉で金粉を集めていたことから
  • 薬味のネギは労をねぎらうの意味

 

細く長く、来年も幸せをそばからかき入れるという年越しそば。年を越す前に食べきらないと、来年の金運に恵まれないといわれています。

金銀細工師は散らかった金粉(きんぷん)をそば粉を使って集めることから、そばは金を集める縁起物となった。

参考:なぜ年越しそばを食べるの?

 

引越し蕎麦の由来

引越しをしたらご近所に贈り物を用意して挨拶に回るという風習が昔からあった。

蕎麦は自分たちで食べるのは間違いで、ご近所に配るのが本来。

 

  • おそばに末永く」や「細く長くお付き合いを宜しく」という江戸っ子の洒落っ気
  • 蕎麦が1番手軽で安上がりだった

参考:【引越し蕎麦由来】引越し蕎麦なぜ食べるのか?本当はご近所に蕎麦を配るんだよ!

 

 

これも蕎麦屋のセールスコピーライティング術なのかも。

どれも縁起をかついだものなので定着しやすかったのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  このページの情報がいいな!と思ったらポチッとお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。

コメント

Comments are closed.