おおみそか(大晦日)の意味と由来


    おおみそか(大晦日)の意味と由来

     

    1年の最終の日。12月31日。おおつごもり。

    月の最後のことを晦日(みそか)と読み、三十日とかく。

    年の最後の晦日のことを大晦日とよぶ。

    参考:晦日と大晦日の違い

    元旦と元日の違い

    元日は、1年の最初の日で、1月1日のこと。
    元旦は、元日の朝、元日のこと。

    出展:「元日」と「元旦」と「正月」の違い

     

    英語で大晦日はNew Year’s Eve

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。