星野源 4thアルバム『YELLOW DANCER』全曲レビュー・動画


YELLOW DANCER (通常盤)

星野源 4thアルバム『YELLOW DANCER』全曲感想・解説・動画

アルバムを聴いていくとサウンドの移り変わりに面白いものがあります。日本一マニアックに(を目指して)星野源さんの作品をレビューします。

星野源 4thアルバム『YELLOW DANCER』全曲感想

このアルバムが出た時の私の心境なんて、読んでる人はどうでもいいのかも知れませんが、

「あ、星野源くんアルバム出すんだ。最近ほんとに人気があるなぁ」

という感じで、だいたい流行ってるものは聴かないのでスルーしてました。ところがある日『SUN』という曲がどうしても聴きたくなり、YouTubeを繰り返し見ているうちにハマってしまいました。その欲求の理由は、あとあとになって知ることになりました。

星野源の『YELLOW DANCER』の「ここがすごい!」を解説

ソウルミュージックに例えるなら、オーガニック・ソウルを地味にやっていた田舎者が、急にモータウンやフィラディルフィアでレコーディングして垢抜けた!というような印象がある。急に路線変更したとかではなく、星野くんの開いていなかった引出しを開いたに過ぎない。

マイケル・ジャクソンのアルバムでいうとOff The Wall のような、音の暖かさとアナログシンセの丁度いい音の融合が再現されている。見事なストリングスアレンジはフィラディルフィア・ソウルを思い起こさせる。そういった音フェチな見方もふまえて解説していきます。

というか、こんなにカジュアルでポップに仕上がってる作品に、マニアックな解説とか、誰も求めていない気がするけど(笑)

星野源シングル

  • 「地獄でなぜ悪い」リリース: 2013年10月2日
  • 「Crazy Crazy/桜の森」リリース: 2014年6月11日
  • 「SUN」リリース: 2015年5月27日

桜の森あたりで「イエローミュージック」の形が見えるので、発売順を改めて確認するとサウンドの変化がわかっておもしろい。

時よ

2016ユーキャン通信講座 CMテーマソング

最高すぎるだろ!

これ、死ぬ歌だよね

時よ いつか降りる

その時には バイバイ

 

という漢字は  と  という時で構成されています。
寺という漢字はもともと  という字で、
それが変化して「寺」という字になったらしい。
寺というのは概念などが変わることがない
完成されたところなので「止」と書くそうです。

太陽の動きが止まる一瞬を定義して時と呼んでいるようです。

人間において時が止まるということは死ぬ時で、バイバイなんですね。

時よ 僕ら乗せて

続いてく 意味もなく

死ぬときゃ死ぬし、その時はバイバイだし、生きていることに意味なんて求めなくて、今この一瞬を生きる。

世界観は3rdアルバムの「ある車掌」から続いていて、それが4枚目の1曲目というわけで、アルバムが繋がっているわけですね!4枚目の一曲目はこれしかない!という曲。源くんにしか作れないよね、こんな曲。泣くだろうが。

スーダラ節とテクノポップとブラックミュージックをオリジナルブレンド!まいった。PVの100点の太ももも最&高!!

Week End

フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング

白玉(全音符)ピアノが「ぱーんぱーん」と気持ちいい「ぱーんぱーん」ですからね!

タイトなリズムに軽快なホーンとストリングス。どう考えてもこれフィラデルフィア・ソウルでしょ!ニンマリするわ!(笑)

アクセントにアナログシンセが入って気持ちいい。楽しいウイークエンドだね。

(映像の30秒目ぐらいで、源くんがおっぱいを揉む仕草をします)

SUN

8thシングル。フジテレビ系ドラマ『心がポキッとね』主題歌ドラマは観てないです。

PVの女性たちが可愛いです。目が覚めて日常から始まる。部屋を移ると彼女が出てきたりレコーディングをしていたり、後半はソウルトレインというか、ジャクソン5になって、全ては思い通りに。

この曲はマイケル・ジャクソンを 想って作られた曲らしいです。通りで私がはまってしまったわけです。無視できないというか。

Hey J いつでもただ一人で

歌い踊り

祈り届くなら〜 のところから、マイケルのことを想うと涙がこみ上げます。でもマイケルのことを知らなくても、普通に恋愛の歌にも聴こえるから本当に歌詞の作り方がうまい。

サウンドはジャクソン5のI Want You BackやBlame It On The Boogieのオマージュですね。(2017年の最初の星野源のオールナイトニッポンでもオンエアされました)

スネアに合わせてハンドクラップ!

デスティニー~今夜はブギー・ナイト

SUNはアレンジもうまい!にくいなぁ。

(追記)

エッセイ集「いのちの車窓」、4月11日放送の星野源のオールナイトニッポンでも、「SUN」が出来たエピソードに療養中に夜の街中でプリンスの「I Wanna Be Your Lover」を聴いて、楽しくなり「日本のダンスミュージックを作りたくなった」ということを語っています。泣けます。

ミスユー

3曲激しくやった後に大人なエロー・ソングがきます。これもアルバム構成では定番ですね。

別れた人を思い出しながら、新しい恋が始まる。そんな大人なうた。季節も変わるから、痛みも消えていく。

Soul

もう一曲まったり。じんわりソウルフルで元気が出る曲。

おお 此処から

おお 世界が

後半、和製ゴスペルチックに盛り上がってきて、すげぇいい。

口づけ

歌とギターの弾き語り。3rdアルバムまでのような、まったり素朴な星野源くんがひとりで歌います。

いい。落ち着く。

地獄でなぜ悪い

6thシングル。映画『地獄でなぜ悪い』主題歌

産み落とされた。この曲は産み落とされたのだろうなと思う。2度目の休養中に本人はPVに出演できないであろうということで、アニメーションを制作することになる。

ドラえもんの作画監督もやっている、浅野直之さんが担当している。

楽しいばかちんアニメになっていて楽しい。ファンタジーだけど、リアル。本当に地獄を見た人しか作れない歌。

Nerd Strut(Instrumental)

ベースは細野晴臣さんが演奏している。そのほかは星野源くんがすべての楽器を演奏しているインストゥルメンタル曲。ここはアルバムの中間地点。ベースがニヤニヤしてるんだよな。素直に楽しい曲。

ニヤニヤ。

Nerd Strut=オタクストラットの意味

細野さん、絶対ニヤニヤしてベース弾いてるよ。  地平線の相談

桜の森

7thシングルの2曲目。2014 J-WAVE 春のキャンペーンソング

何度聴いてもドラムの音がプリンスの「Uptown」に聴こえる。スネアの「ズダだダダダダダッ」ってところと、メインのリズムパターン。考えすぎかな?その上にいろんなポップミュージックが重なってる。

あそこの森の 満開の下の 桜の花びら

これが何かは、大人ならわかるでしょう。エロい(笑)

Crazy Crazy

7thシングルの1曲目

ピアノの連弾から始まる。ニヤニヤしているぞ、俺は。クレイジーキャッツ!

クレイジーキャッツの皆さんも素晴らしい俳優でありミュージシャンでした。

ハマ・オカモト氏のベースがブンブン鳴っててめちゃくちゃ気持ちがいい!

等しいものは 遥か上さ

谷を渡れ 欲望を超えろ

Snow Man

資生堂マキアージュWEBムービー『Snow Beauty』主題歌

これはディアンジェロですね!VOODOOですね!ドラムのピシャ!という音。エレピのエロい感じ。もうちょっと聴いていたいのにフェイドアウトしちゃうんだよな。で、もう一回聴いちゃう。もっとしたくなる(笑)うまいなぁ。嫉妬する!Oritoさんも思い出しちゃった。

イ・エローソングですね。

プリンス先生もラストアルバムの「Look at Me, Look at U」っていう曲で、同じ空気をまとった曲をやっております。これもズルズルはまっちゃう。

Down Town

ダウンタウンへ繰り出そう(笑)

楽しいダンスナンバー。河村カースケ智康、伊藤大地によるツインドラムでレコーディング。

ああ 朝が怖いなら

いつでも そばにいるよ

私は夜が好きなので、朝が来ると残酷だなと思うことがある。逆に夜が怖い人もいるだろう。

Friend Ship

映画『森山中教習所』主題歌

この曲がはじまると、アルバムが終わっちゃうなぁと名残惜しくなる。この曲でもアナログシンセとマリンバが源ちゃんらしいイエローを表現してる。河村カースケ智康、伊藤大地によるツインドラムでレコーディング。

わからないまま出会って

わからないままわかりあって

叶わないまま離れて行く

源くんらしいポジティブな別れの歌。アルバムもこれで終了!だけど終わりたくないのでもう一回初めから聴いちゃう。

星野源 4thアルバム『YELLOW DANCER』まとめ

アルバム全曲すごくよくて、曲順のバランスもよくて、じっくり聴いててもなんとなく聴いててもいい。

うーん、まいった!完璧でしょうこれ!すごくいいアルバムだね。

星野源 YELLOW DANCER 楽譜・スコア

 

参考:星野源:ウィキペディア YELLOW DANCER

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.