街のデジタルサイネージに見る広告の美しさから学ぶウェブ広告の流儀


    f:id:tensaychang:20150923032914j:plain

    やっぱり広告ってかっこいいなと思った

    f:id:tensaychang:20150923032859j:plain

    ここがどこなのかすぐわかるような写真です。

    プライバシーを守るため顔を気持ち悪くぼかしてあります。

    気持ち悪くてごめんなさい。

    本来写真はぼかしは嫌いなんだ。無修正が好きなんだ。

    街のデジタルサイネージに見る広告の美しさ

    街中に溢れる広告や看板をみて

    「きれいだな」「かっこいいな」って単純に思いました。

    だけどインターネットの広告はウザイしかっこ悪いじゃないですか。

    なんでだろうか?

    街の広告

    街の広告は自分のものじゃない

    でかい

    グリコの看板とか

    ていうかあれがなきゃ楽しくない

     

    ウェブ広告

    パソコンの画面は自分のもの、

    そこに見たくもない広告が表示されるのは鬱陶しい。

    一時期は街の繁華街のように広告が

    いっぱいのホームページを作るような時代があったけど、

    最近はましになってる。

     

    そこで近年取り入れられているのが行動ターゲティング広告

     

    行動ターゲティング広告とは

    ユーザーの閲覧履歴などをもとに、

    個人の興味や興味に連動して配信される広告

     

    しかしこれも「なんだか心を覗き見されているようで気持ち悪い」という人もいます。

     

    これからのウェブ広告の流儀はこうなる

    唐突に例え話を書きます。ご了承下さい。

    ものすごい田舎でお店どころか看板さえもない。

    さすがにコンビニぐらいあるだろうと思っていたらそれさえない。

    スマホでグーグルマップを検索してもお店自体なさそうだ。

    そこでようやく民家を見つける。

    お家の人に聞いてみようと思い、庭先にいたおばあさんに話しかける。

     

    「すいません。この町にはコンビニはないんですか?』

    「こんみに?!この歳でミニスカートなんかはけないよ。うしゃしゃしゃ」

    「違うんです。お店はないんですか?」

    「お店ね。この辺にはないよ。街にでるには2時間かかるよ」

    「2時間ですか?そうなんですねー。ちょっとご飯と飲み物を買いたかったんですが」

    「腹がへっとんのか。それじゃーうちで食べなっせ。サービスしやっせ」

    「いいんですか?!」

    「おむすびと漬けもんと味噌汁ぐらいしかないが、いいかえ?」

    「十分です。ありがとうございます!」

     

    あれ?

     

    この人、そもそもどうやってこんな田舎に来たんだろうか?

    どっから?(笑)

     

    インターネットって、こういうこと時々ありますよね。

    どこからアクセスしたのかわからないけどページにたどり着いて。

    でもそこで情報を探してたら自分が欲しい情報があって。

     

    アクセスしてくる人ってそんな感じで、

    自分で探して見つけた情報には素直に受け入れたりするんです。

     

    まとめ

    ユーザーの欲しい情報は最後の最後まで出すな

     

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    販売数1,000万袋を突破
    すっぽんサプリ通販売上No.1!モンドセレクション銀賞受賞!
    女性の美と元気を総合的にサポートする すっぽんコラーゲンサプリメント



    コラーゲンはもちろん、コラーゲンの素となる良質な「アミノ酸」や
    DHA・EPA・ビタミンE・鉄・マグネシウム・亜鉛・カルシウムなど
    女性にうれしい栄養素をバランス良く含んでいます。
    「お肌がぷるっぷるになる!」話題のコラーゲン・アミノ酸をたっぷり含んだサプリを試してみた!

    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。