笑ったり泣いたりできることは幸せだ。普通が一番

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

どっこい生きていく考え方

人生つらいから死にたくなるんや。

 

死に放題やったら何かにつけて人は死ぬ。

その数は年々増えているとも言われている。

死にたくなるって思うこと自体は悪いことじゃない。

なぜ生きているのか、もっと前向きに考えよう。

 

人生で最高に死にたくなったのは、人に裏切られた時

裏切られたというか、そんなことってある?という感じの出来事。

あの時は本当にやばかった。

消えたかったね。

やばいなぁと思った。

体が死にたがってた。

信号待ちの時、車に吸い寄せられる感覚。

電車のホームで電車に吸い寄せられる感覚。

バイクに乗りながらこのまま事故死とかしないかなと思ってた。

 

居場所がなかった。

さすがに自分でもかなりヤバイと思った。

 

死にたかったけど死ぬ勇気なんてないわけよ。

死ぬ気はないんだけど「死にたい」とは思っちゃうんだよね。

 

ブッダや前の本を読みあさった

仏教の本を読んだり、禅の本を読んだりもしまくった。

スピリチュアル系の本もたくさん読んだけど、ブッダが一番いいよ。

ブッダはいまでいう心理学者だ。

 

いろいろ考えて思ったのが、生きてても死んでてもそんなに大差はないってこと。

ただ状態が変わるだけ。

死んでも終わりじゃない。

同じ問題はまた繰り返される。

簡単にいうと因果応報ってやつだ。

 

他人に期待しすぎたのかもしれない。

自分も悪いところがあったのだろう。

自分が正しいと思っていたのかもしれない。

君は間違ってる。

僕も間違ってる。

誰も正しくなんかない。

いたるところに不完全が存在している。

完璧なんかどこにもない。

完璧なのは永久機関である宇宙だけだ。

ぼくたちは毎日のようにエラーを起こす。

今日も誰かが誰かを傷つける。

 

余命半年と言われた主人公

時間もあったから映画もよく観ていた。

木更津キャッツアイははまった。

主人公は余命半年と宣告された。

「死ぬのは怖い」そんな迫真のシーンもあったけど、主人公のぶっさんは仲間たちとただ楽しく過ごしながら、そして死んでいった。

一生懸命生きて、笑って死んでいった。

「普通が一番」というメッセージが心に残っている。

 

笑ったり泣いたりしているうちに元気になっていた。

死にたいって思うのは仕方ない。

どうせいつかは死ぬ。

どうせなら、くだらなくても自分が社会的に無価値でも、夢がなくても、普通に泣いたり笑ったりして生きたい。
そんな風に思えるようになってから、時々は死にたいなって思うけど、死のうとは思わなくなった。

毎日おもしろおかしく生きたい。

普通が一番

それだけ。

今は何にでも感謝して生きている。

にゃぁー

  このページの情報がいいな!と思ったらポチッとお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。