『笑いに魂を売った男』松本人志さんの「遺書」感想


    f:id:tensaychang:20151113003113j:plain

    『笑いに魂を売った男』松本人志さんの”遺書”を読んだ

    読もう読もうと思いながら、ダウンタウンの松本さんの本を読んだことがなかったです。

    志村さんの本を読んで、スイッチ入ったので読んでみました。

    松本人志「遺書」感想

    志村けんさんの本の中に、ダウンタウンの松本さんが

    志村さんについて少し書いているとあったので興味が出ました。

    読んでみると共通する部分もたくさんありました。

    ダウンタウンといえば、日本のお笑い界のトップと言って間違いないでしょう。

    私もダウンタウンがデビューした頃は夢中になって、

    特に漫才が大好きでLDを持っていました。

    ほんとに今と時代が違いますね、LDって!

     

    ”遺書”は1994年に発売された本なので、

    21年も前の本です。半年ぐらいで22刷発行!ベストセラーです。

    当時の納税額が6000万円らしい。

    それで芸能人長者番付2位になったそうだ。

    稼いだ額の半分は持って行かれるそうです。

    さんまさんも納税額が多いので、

    過去に「人殺しを助けるために働いてるんじゃない」と国税局に怒鳴り込んだという、

    有名なエピソードがあります。

    金持ちは国に対してもっと怒っていいんじゃないかと思います。

    f:id:tensaychang:20151112223433j:plain

    印象に残ったところ

    日本は笑いのレベルが低いから、俺のような天才の笑いは理解できない人が多い。

    若い時は最優秀新人賞をよく受賞していた。一度披露したネタを同じ舞台でやることはしない。
    (受賞後にもう一度ネタを披露してくださいと言われキレた)
    東京進出する時、大阪のすべての仕事を打ち切り、東京の深夜番組で毎週漫才をした。大阪の芸人は2回売れないといけない。
     
    島田紳助に弟子入りしなかったのは、弟子入りすると師匠を抜けないような気がしたから。
    その後、紳助・竜介が解散した理由が「ダウンタウンには勝てないと思ったから」と公言した。紳助さんもまっちゃん同様潔い性格。
     

    芸人はサラリーマンではない。
    一人ひとりが社長。

    やわらかウンコ
    (言い回しが絶妙で笑ってしまいました)

    タクシーの運転手と口論になり
    俺の番組二度と見るな!

     おもしろいやつの三大条件

    ネクラ・貧乏・女好き
    面白いやつはどこか冷めているやつ

    修学旅行で床の間にウンコをした。
    人を笑わせるためなら何だってする。
    勉強ダメ、スポーツダメ
    いじめられっ子、気の弱い子だった。
    笑いを取るようになって自信が出てきた。
    (関西ではおもろいやつは尊敬される風潮がある)
    昔を懐かしんで、過去を振り返ること自体は、別に悪いことじゃないと思う。だが、過去にこだわっている奴ほど大した過去を持っていないし、未来も大したことがないような気がしてならない。
    この文章、すごく構成がいい。
    まず意見を肯定した後に、否定的な意見を述べる。
    こうすることで読み手にストンと自分の意見を伝えることができる。
    非常に頭のいい人の伝え方の例。
    番組直前にゲストの占い師に「悪霊が憑いている」と言われたが、
    ニッコリ笑って「そうでしょうねぇ」と言った。
    常識のないお前が悪霊じゃないのか。

    相手のペースに乗らない、頭のキレるまっちゃんらしい!

    他人には厳しいが自分にはもっと厳しい

    ADが前説で観客に「あまり面白くなくても
    出来るだけ笑ってあげてくださいね〜
    と言ったのにブチ切れ。

    笑ってくださいねータレントでもなければ
    笑われタレントでもない
    笑わせタレントなのだ!

    浜田雅功を、相方として大切にしている

    印書が大きく変わるということはなかったです。

    昔から信念があって、今もそれが変わらないところがすごい。

    やっぱり天才だと思ったし、人を笑わせることに真剣で、

    プライドを持ってて誰にも負けない自信がある。

    考え方がマトモで超ポジティブ。心もやさしさもある。だから面白い。

    漫才をやらなくなったので、今のダウンタウンの漫才がみたい。

    やっぱり天才的に面白かったから。

     

    まっちゃんは辛口コメントが得意で面白い。

    「悪口はスラスラ書ける。人を褒める記事は難しい」と書いています。

    頭がキレるまっちゃんが書くから面白いのであって、

    素人が他人を批判したところで、嫌味にしかならないです。

    批判ネタを書いているブロガーはみんなウンコちゃんである。

    だから踏まないように気をつけたいです。

     

    「批判は実名で、褒める時は匿名で」ってツイットしてたのも、

    まっちゃんだったと思う。

    貧乏だったけど、それが反骨精神になった。

    吉本に行くのを親父さんに反対されたそうですが、

    「それがよかった」と書いている。

    成功する人は考え方がポジティブ。 

    心の根底にやさしさがある。だから安心して笑える。

    人気の秘訣。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で



    旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです

    販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。

    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。