ENTA - エンタメ ドラマ・映画 マンガ

AKIRA 映画の最後のシーンって本当はいったいどうなったんだろう?【あらすじ・考察・解説】

更新日:

AKIRAの最後のシーンって本当はいったいどうなったんだろう?

そう思い原作を読み返し、そしてネットでも検索してみたけど納得いく説明がひとつもなかった。

しかしヒントをひとつ見つけた。

大友克洋がAKIRAに込めた本当の意味。

本当のラストシーンに迫ることができた!

 

AKIRAのラストシーンに込められた本当の意味【あらすじ・考察・解説】

東京オリンピック、大地震、テロ、天災、人災、安保法案可決、

そんな今だからこそ再度、AKIRAに込められたメッセージを確認してみたくなった。

AKIRA コミック 全6巻完結セット (KCデラックス)

AKIRAについて

1982年に連載開始。1990年6月に完結。1988年には映画化され社会現象にもなった。

完結から25年経った今でも風化しない内容です。

物語の中心となるのは2019年のネオ東京。

1982年、新型爆弾が使用され3度目の世界大戦勃発、それから38年後が舞台だ。

AKIRA アニメ映画版と原作漫画の違い

登場人物などはほぼ一緒だが、人間関係や設定、ストーリーなどが違う。

キャラクターによっては全く違う。ラストシーンの描き方も違う。

アニメの限界を超えたアニメ

AKIRA 原作コミック版ラストシーンを分析

AKIRA(6) (KCデラックス ヤングマガジン)

完全ネタバレありなので、原作を読んでからラストの意味を知りたい人は読まないでください。

ネットで検索すると

「ラストシーンはいったい何が起こったのか?」

「どういうことなのか?」

という質問が多かった。

一言で言うと1-1=0

プラスの力とマイナスの力が合わさることにより、ひとつになり、無、ゼロになります。

ミヤコ教教祖ミヤコ、そして超能力者マサル・キヨコたちは、AKIRAと鉄雄の力を封じるために鉄雄の成熟を待ち、

AKIRAと鉄雄の力をぶつけようと計画していた。

大きな力を持ちすぎて制御不能になった鉄雄の肉体はさらに大きな力を求めて暴走する。

そして宇宙衛星SOLから落とされたビーム砲を吸収し覚醒しビッグバンを起こす。

ついに意識を取り戻したAKIRAはマサル・キヨコと共に鉄雄を吸収するビッグバンを起こす。

そして遂には鉄雄を収縮させることに成功する。自ら無になることを選択して。

再び廃墟となったネオ東京に金田やケイたちが現れ、

独立国『大東京帝国AKIRA』を宣言する。

そして衝撃のラスト8ページへ!!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

-ENTA - エンタメ, ドラマ・映画, マンガ
-,

Copyright© Cloud , 2019 All Rights Reserved.