ブラック会社

堀江貴文・著 すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論|感想

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論

頭のいい人ということは、ある意味恐ろしい。
恐怖を感じることがある。

無駄なことは徹底的にしないが、「いい」と思ったことには徹底的に取り組む。

ホリエモンこと堀江貴文氏もそんな一人だと思う。
目の奥が笑っていない感じがする。

私もかねがね今の学校教育に疑問を感じていたので、この本には大変共感しました。

この本が今のあなたが読むべき本だということに気がついてくれれば幸いです。

続きを読む

ブラック企業の特徴・見分け方と対策

ブラック企業の見分け方

ブラック企業問題が表面化しています。

過労死問題から労働時間が見直されたのはいいのですが、今度は残業を申告させない企業が増えていると聞きます。

残業の実労時間をそのまま申告してしまうと労働基準法に違反してしまうため社員に残業を過少申告させるのです。

働いている人はこのような状況にあります。

  • 残業あり
  • 残業手当なし
  • ますますつらい

会社の言い訳はこうです。

「会社からは定時で帰るように指示している。(残業は)君が勝手に(会社に残って仕事を)やっている」

「しかし締め切りは守れ。時間内に出来る仕事のはずだ」

続きを読む

恵方巻き裏事情をコンビニオーナーが暴露した匿名記事が話題に コンビニ会計とは?

恵方巻き裏事情をコンビニオーナーが暴露した匿名記事が話題に

■恵方巻きで話題のコンビニオーナーです
今、話題の恵方巻きですが、加盟店は本部の圧力に屈し、愚かことをしたなと世間様に申し訳ない気持ちです。
皆さんはわかってらっしゃるかもしれませんが、恵方巻きに限らず、日々、本部のプレッシャーはすごいです。
この問題の根源はやはりコンビニ会計にあると思います。コンビニは廃棄負担は基本的に加盟店負担となっており、本来
加盟店は廃棄を必要以上に出したくありません。しかし、コンビニの会計方式では事実上、廃棄にチャージ(本部取り分)が掛かっており、
廃棄が出ると本部は儲かる仕組みなのです。ですから、あの手この手で廃棄を加盟店に出させるように圧力を掛けるのです。経常利益の
半分は廃棄なんて話があるくらい食品廃棄にコンビニ本部は支えられているのです。
(出展:http://anond.hatelabo.jp/20170204061051

まずこの書き込みが本当にコンビニオーナーによるものなのか信憑性に欠けますが、全くのデタラメというわけではないでしょう。

私も2月3日の夕方に近くのセブンイレブンに行き、恵方巻きの売れ行きを確認しました。

見事に売れ残っているんですね。

続きを読む

カフェの集客・売上を4ヶ月で67万円上げたのに辞職せざるをえなくなった

カフェの売上を4ヶ月で67万円上げたのに辞職せざるをえなくなった

カフェ経営、カフェオーナーに憧れる人は多いと思います。

ですが実際経営していくとなると大変ですし、

働くスタッフも大変です。

これは私がとある飲食店にマネージャーとして働いていた時の話です。

前のマネージャーが急遽辞めることになったので、私に話が来たのでした。

そこは一度面接で落とされた会社でした・・・

続きを読む