カルテット第6話 第2章スタート、夫の失踪の真相「戸籍売りません」の伏線


    カルテット第6話 第2章スタート、夫の失踪の真相があきらかに

    第5話ですずめが鏡子さんから依頼されていた真紀の夫殺しの疑惑調査がバレて、すずめが別荘を飛び出しとある男とぶつかるところで第1章が終わります。

    第5話

    第6話は夫婦のすれ違いを描き、共感する人が続出。

    視聴者はドラマの1時間のうちに走馬灯のように「夫婦のすれ違い」を追体験されたと思います。

    カルテット原作本がAmazonベストセラーに

     

    寝起きのすずめちゃんがかわゆす

    すずめちゃんといえば寝起き!

    というぐらい寝てるか食べてるか寝てるか(笑)

    でもすずめちゃんはだからこそかわいい。

    別荘を飛び出したすずめは街中で男とぶつかり、
    その男と漫画喫茶で一夜を明かします。

    その男は「巻村」と名乗るが、すずめはすぐにに夫さんだと気がつく。

     

    家森「戸籍売りません」

    別荘ではほかの3人が話しています。

    家森「楽に素早く10万円もらえる仕事があるらしいんで」

    anan (アンアン) 2017/03/08[官能の流儀]

     

    なんですか?

    家森

    戸籍を・・・

    別府

    戸籍売りません

    家森

    シンジケート・・・

    真紀

    シンジケート入りません

    変な物運びません

    バイトです

    家森

    ここにちゃんと伏線出てたんですね。

     

    青い「ふぐり」を持ったサルを捕まえる

    ググって「青い ふぐり サル」で

    「たま」のことでしょ!

     

    教会で鏡子と会う真紀

    あなた 幹生を殺したの?

    鏡子

    いきなり真紀にビンタを食らわし、核心に迫る鏡子

     

    別荘にて幹生とすずめ

    三角コーヒー売ってないのに、すずめちゃんだけ持ってるの、ずるい

    ここですずめちゃんが着ているオーバーオールが可愛いのです。

    全く同じものではないですが、これはかわいい。

    巻村が真紀の夫であることを確認する会話をするすずめちゃん。

    あっさりと真紀の夫であることがバレる。

    すずめちゃんは幹生から事情を聴きながら警察に連絡しようとする。

     

    すれ違う夫婦の気持ち

    幹生の気持ちはすずめとの会話から

    真紀の気持ちは鏡子さんから

    お互いの真相を別の立場から交差させていく描写は秀逸です。

     

    結婚して 彼と家族になりたかった

    真紀

    結婚しても 恋人同士のようにいたかった

    幹生

     

    幹生「真紀ちゃんは真紀ちゃんらしく」

    この言葉は真紀が求めているものではなく、幹生の願望の押し付けだった。

     

    ここでまた唐揚げにレモンかけるかかけないかがフォーカスされます。

    地球一うまいでしょう

    幹生

    レモンが苦手な幹生はそのことは言わずに無理に食べたのだ。

     

    人生ベストワンの映画に一緒に感動できない

    幹生が言う「人生ベストワン」の映画に共感できない真紀は、
    映画をじっと観ていられずに幹生にあれこれとストーリー聞く。

    幹生にしてみれば「黙ってみようよ」っていう気持ちがつのる。

     

    好きな人に「人生ベストワン」をおすすめするのは滅びの呪文になりかねません。

    それよりも今上映中の映画を観に行く方が、
    新しい共通のベストワンの映画を共有できます。

    「自分が好きなものを相手も好きになって喜んでくれればいいな」

    おそらくこの幹生の行為はタブーだけど、無意識にやってしまいがちです。

    カルテットは人それぞれの価値観の違いをたくさん見ることができるドラマです。

     

    白黒はっきりさせるのではなく。グレーを探るのが共存

     

    真紀「この人たちさっき別々の場所にいたのになんで一緒にいるの?」

    幹生「これ実は時間が変わってて翌日の場面なの・・・」

    幹生「あっ えっ 巻き戻す?」

     

    泣きのシーンで寝る真紀・・・

    そして面倒くさくて結末を聞く真紀

     

    ちょっと一緒に外を歩きたい幹生

    コーヒーなら家にあるからという真紀

     

    「嫌い」ではないのにすれ違っていく二人

     

    元彼女とは話が合うけど結婚はない・・・

     

    幹生の持っているDVDが、全部架空の作品です(笑)

    小道具さんすごい。

     

    宮藤官九郎さんの演技が秀逸

    なんともいえない顔をしている宮藤官九郎さんが

    なんともいえない男の気持ちを

    なんともいえない表情で演じられていたのが秀逸でした。

     

    演技、うまいなぁぁぁーーーと

    しみじみ涙がこぼれそうになりました。

     

    幹生が入院するシーンで家森と出会う

    バナナ食べます?

    僕の結婚は地獄です

    家森

    包帯だらけの高橋一生さんが出てきたときは
    丸尾末広先生の包帯男を思い出しました。

    これだね、これ

    品があって 完璧な 1億点の妻じゃないですか(バナナ食べながら)

    家森

    寝て掃除機で顔吸われたことないでしょ

    なんで1日に3回もご飯食べるの?って言われたことないでしょ

    家森

    唐揚げにレモンかけられます

    幹生

     

    一緒にいるけれど、大事なことはお互い何も知らない

    こういうことってありますね・・・

    家族になりたい × 恋人のままでいたい

    このふたつのせめぎ合い。

    夫さんが、

    靴下を脱いだまま、

    ビールは飲みかけのまま・・・

     

    疾走・・・

     

    全てを幹生の母に話した真紀は、離婚を決意する。

     

    今回ほとんど出番がなかった別府くんは・・・

    会社の倉庫に閉じ込められ・・・

     

    今回も最後の最後に大事件に!

     

    うわぁぁ!

    なぜだ?!なぜだ?!

    あぁぁぁぁxたfぁrfdxらdぁあtdxfらぁっぁぁx!!!!!!!!

    有朱が別荘のベランダから落ちて、ドサッと落ちる音がした時のすずめの不安そうな顔に

    このドラマの恐ろしさを知り、ぞぞぞぞっとなりました。

     

    今回でまた1話目の「唐揚げにレモン問題」が重要なポイントになり、
    家森くんが異常にこだわって語ってた意味がカマかけだったことがわかったので、
    また見返してみると面白いです。

    第6話はこんな話でした。

     カルテット第7話 終わりの始まり それぞれの結末。

     

    カルテット 第6話予告編

     

    今までの話を見直してみましょう。

     

    U-NEXTのおすすめポイント
    • 50,000本以上見放題 現在放送中の人気ドラマ、いわゆる見逃し動画の配信が早い 映画の名作なども豊富なのが特徴
    • 70誌以上雑誌読み放題 動画だけじゃなく雑誌やコミックが読み放題 漫画原作の映画やドラマなら原作も楽しめちゃいます
    • U-NEXTポイント 毎月1日に1000円分プレゼント
    • 加入特典600ポイント付与
    • ポイントはレンタル作品に利用できるので、有料の最新作も観れちゃう
    • 無料トライアル期間があるのでコンテンツ内容を体験してから課金プランにできる
    • 気になる価格は月額1,990円(税抜)
    上手に使うといろいろおいしいポイントがたくさんです。
    見放題作品ポイントが必要な作品があります。
    加入特典600ポイント、毎月1000分のポイントプレゼントがあるので安心です。

    U-NEXT


    U-NEXT かんたんガイド

    ちょっと大人な作品・・・ U-NEXT

    ドラマ「カルテット」第2話目以降のエピソードまとめ

    ドラマ・カルテット 番組関連商品

    番組関連のアイテム、これから発売されるものも多いので紹介します。

    松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生の4人が歌うエンディングテーマ

    カルテットの世界にどっぷり、サウンドトラック

    公式メモリアルブック

    バイトをクビになった家森くんがノーパンでバイトしたそうです(笑)

     

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。

    コメント

      Comments are closed.