キンコン西野が小学生に神対応!「お金の奴隷解放宣言。」として今、日本で一番売れている絵本を無料公開(追記 1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

えんとつ町のプペル

 

キンコン西野が小学生に神対応!「お金の奴隷解放宣言。」として今日本で一番売れている絵本を無料公開

うわぁ、えぐぅ。

なにこの天才。

太っ腹。

「2000円は高い。自分で買えない」

という意見。
小学生からでした。

(引用:お金の奴隷解放宣言。キングコング西野公式LINE BLOG)

 

キングコング西野が小学生にとった神対応とは?

 

キングコング西野が小学生にとった神対応とは?

『えんとつ町のプペル』は2000円です。

色を綺麗に出す為に特殊なインクを使っていて、使用するインクの数も一般的な作品より多く、そしてページ数も多いので、2000円という値段設定はギリギリまで頑張ったのですが、それでも2000円。
たしかに、小学生からしてみると大金で、自分の意思で買うことは難しいです。

実は、ここ数日、このことがずっと気にかかっていました。

 

なるほど小学生にとって2000円は大金です。
親に買ってもらうほかありません。

「お年玉があるやろ!」と思われる人もいるかもしれませんが。いろんな家庭の事情もあります。

お金のない子ほど、この絵本を届けたいという西野さんの想いがあるのでしょう。

 

「無料にしてしまうと、食いっぱくれてしまうのではないか?」
そんな不安もあります。

しかし僕は、『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値があると考えます。
《自分は『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった「お金」という理由で、受けとりたくても受けとれない子がいる。》

 

キンコン西野さん『えんとつ町のプペル』を無料公開

 

今日をもって、『えんとつ町のプペル』を無料にします。

お金を払って買って読みたい人は、買って、
無料で読みたい人は、インターネットで最後のページまで無料で見れるようにします。

お小遣いなんて貰えない幼稚園児や小学生が、
出費が重なってしまって手が出せない主婦が、
何かの関係で本屋さんまで足を運ぶことができない人達が、
『お金』の許可なんぞとらなくても、
それぞれ自分達の意思で、『えんとつ町のプペル』を見れるようにします。

 

おい!

俺にコメントをくれた小学生!
もう大丈夫だ、2000円なんて必要ないぞ!

『えんとつ町のプペル』は、ここから読んでくれ。

 

 

コメントを送った小学生が、インターネットを見れる環境があって無事にこの絵本を見れるといいですね。

 

キンコン西野さんへご提案

今回のこの動きは、日本のインターネット・フリー戦略史上(そんな固い用語は使わなくていいかもしれませんが)に残ると思います。

発売3ヶ月後に無料化という最速のスピードです。

 

ひとつキンコン西野さんへご提案があります。

 

日本全国の図書館に絵本を寄贈するというアイデアはどうでしょうか?

費用はクラウドファンディングですぐに集まるような気がします。

3000人ぐらいの足長おじさん、どうでしょうか?

 

無料で読んで「よし買おう」という気持ちが出る人もいる。

無料で読んで「この絵本を誰かに読んでもらいたい」という人もいるでしょう。

私は後者でした。

 

ネットで調べてみたところ日本に公共図書館は3261存在するようです。(2015年)

日本図書館協会:公共図書館 (2015集計 

 

総額 2000円×3261館=6,522,000円

 

ディズニーを超えるひとつのアイデアとしてご提案します。

 

絵本を買いたい人はこちらからどうぞ!

 

キンコン西野さんの神対応に感動せずにいられません。

 

(追記 1月24日)

悪い予感が的中。

この案件は見事に炎上してしまいましたね。

それも火をつけたのは西野さんの方から。

 

Twitterで無料公開に対して異論を唱えた声優の明坂聡美さんのツイットを、
キンコン西野さんがスクリーンショットした画像を西野さんのLINEブログに無断掲載。

 

ネチケット(ネットのエチケット)に欠ける行為ですよね。

意見の食い違いは仕方ないとして、こういう行為がキンコン西野さんの評価を下げてしまうんです。

 

 

(現在は問題となった画像は削除されています)

 

絵本を無料公開するのはいいアイデアだと思います。

しかしキンコン西野さんのネチケットのなさが露呈する事案となりましたね。

 

自分で自分の評価を下げるな

この言葉は自分自身にも肝に銘じていることです。

いいことをしても、悪いところが目立ってしまえば台無しです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。