ジャッキーのカンフー映画を何度観ても飽きない5つの理由


    「酔拳」「蛇拳」製作35周年記念限定3枚 [Blu-ray]

    ジャッキーのカンフー映画を何度観ても飽きない5つの理由

    笑いあり涙ありのジャッキー映画

    Mr.BOOが吉本新喜劇なら、

    ジャッキー映画は松竹新喜劇のような、笑いあり涙ありのものが多い。

    観客は師範代にイジメられるみなしごジャッキーに涙し、

    殺し屋にコテンパンにされて股の下をくぐらされる屈辱に涙し、

    目の前で親父が殺されて涙し、

    タイガーの代わりに師匠に胸の内を打ち明け号泣しながら道場を出て行く姿に涙

    かと思えば、ひょうきんに笑わせ、猛烈なアクションシーンを繰り広げる。

    【Amazon.co.jp限定】ジャッキー・チェン (拳) シリーズ/アルティメット・ブルーレイ・コレクションBOX (B2タペストリー&ポストカード付き) [Blu-ray]

    【1】カンフーシーンがダンスのよう

    スピード・身のこなし・表情・随所に散りばめられたアイデア

    敵とバッチリ息のあったアクションシーンは可憐なダンスを見ているようでもある。

     

    【2】インパクトのあるオープニングシーン

    古いものはオープニングにカンフーの演舞シーンがある。

    中国の獅子舞合戦やラグビーのようなスポーツなどでテンションを高めてくれる。

    ヤング・マスター/師弟出馬 エクストリーム・エディション [Blu-ray]

    【3】ジャッキーのケツ丸出し芸

    芸人なら卑怯だと思われる脱ぎ芸

    ロー・ウェイが正統派カンフー映画を求めるのに反抗するかのように、ジャッキーは随所にコミカルなケツ出しシーンを入れていく。

    ジャッキーのここ1番のケツ芸はファンの期待を裏切らない。

     

    【4】本人による前代未聞の大スタント

    毎回、次のジャッキーはどんなスタントをやるんだ?!と、ワクワクした。

    プロジェクトAでは時計塔から合計3回落ちた。

    大抵は高所でのアクションか高所から飛び降りるかなのだが・・・

    ジャッキーは何度も命を落としかけている。

    次作のスパルタンXプロジェクトAをしのぐ興行成績だった。

    スパルタンX エクストリーム・エディション [Blu-ray]

    サンダーアームでは頭蓋骨の一部が貫通する瀕死の重傷を負った。

     

    【5】圧倒的なアクションシーン

    数々の映画でアクションシーンを演じてきたが、

    カンフー映画では「酔拳2」が圧巻!極め付けだった。

    ラストファイトは超人的スピードである。

    ラッシュアワー以降、ハリウッドスターの仲間入りをしたジャッキーだが、やっぱり何度観ても楽しめるのは、ジャッキーが若い頃のカンフー映画だ。

    ストーリーはワンパターンかもしれないが、強敵が現れ必死で戦うジャッキーの姿に手に汗を握り目が離せなくなってしまう。

    ジャッキーのアクションシーンに対する美学は、何度観ても飽きない。

    ジャッキーの成功秘話がコミカライズされている。

    サモ・ハン、ユン・ピョウらとの確執も興味深い。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    君の名は。バナー

    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。