細野晴臣×星野源「地平線の相談」がおもしろい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

地平線の相談

細野晴臣×星野源「地平線の相談」書評

星野 すごくどうでもいい相談なんですが、聞いてもいいですか?

細野 遠慮しないでよ(笑)。

 

ぷぷぷっ!

 

この会話だけでふたりを想像して爆笑しちゃう!

ぼく変態!

 

細野 僕は、ゴミが溜まったら引っ越すんだ。移動民族は、自分の生活の場にゴミが溜まったら、それを置いて違う場所に移る。

ぷぷぷっ!

細野先生!それ人としてどうなのよ(笑)

またしても爆笑。

 

星野 父親はジャズピアニストを、母親はジャズボーカリストを目指していたそうです。

星野くん、プリンスと一緒!

プリンスと同じ条件揃ってる。

スターフラグだ!

 

洗面台をびしゃびしゃにしない方法は?

この対談では結局解決策は出ない(笑)

細野 ちなみに、僕は全然気にしないよ。びしゃびしゃになっても。

あ!これ心理学で習ったよ。

問題があるって思うから問題なんであって、

気にしなければ問題にならないっていう。

 

細野 そう。油に支配されているんだよ、我々は(笑)。

細野 というか、極端にベジな生活に行くとね、ドーパミンが出なくなりがちだから、ちがう病気になっちゃうみたいなんだよ。

おお!先生、その通りです。

油物食べなかったらどんどんやる気が低下して、

油物を食べたらガッツリやる気も出ました。

 

2011年3月11日震災の話

細野さんは311の時に原田知世さんと番組の取材で一緒だったんですね。

源くんはプロモーションで札幌のFM局。

 

星野 今ツイッターで流行っているのが、余震が来たら”おっぱい”ってつぶやくことらしいです。おっぱいが揺れたっていう意味。

 

なるほど!!

 

「一緒に募金カツ丼」

 

ああ、これずるい。

スマホのタイプミスあるある!

 

細野 うん!昼間と夜の営業形態が変わる店にも入らない。そういう二面性のあるよこしまな店には入りたくないね(笑)。

細野さんがお酒飲めないということを初めて知りました。

星野くんも飲めないから二人とも飲めない同士の対談なんだ。

お店の営業形態が変わってしまうお店には入りづらいのはすごくわかる!

入りづらいし、入っても居心地が良くない場合が多い。

お店の都合よりお客のユーザビリティーを考えてるお店が結局ファンがつく!

 

細野 そう。眠るという現象って、つまりは気絶じゃない?

細野 全人類が毎日、8時間近く気絶しているっていうのは面白い現象だよね。

くくくくっ、この発想面白すぎる!

だけどほんとそう!

 

「霊感の強い女性たちの助言を信じるべきか」という対談

いろいろ怖いというか、

あるあるー!と思った。

気をつけよう。

 

貧乏ゆすりのマナーを考えよう。

細野 だから、やるときは意識して、「私、貧乏ゆすりをやりますので、失礼します」みたいな(笑)。

ぶはははは!

細野さんが奥田英朗さんの書く精神科医の伊良部一郎に思えてきた(笑)

貧乏ゆすりの別の呼称を「ウェイクアップ・エモーション」「ジグる」っていうのも爆笑した!

 

真剣だけどでたらめに真剣な対談。

お二人ともめっちゃ面白くて、読むのをやめられないなぁ、これ。

星野さんが2週間で5キロ痩せたというキャベツダイエットのレシピもいいですよ。

今度マネしてみようっと。

 

(2017年1月17日更新)

星野源のオールナイトニッポン ゲスト:細野晴臣

2017年1月16日 ゲスト 細野晴臣

いつもと番組の雰囲気が違って、まるでおしゃれなカフェでお二人が話しているような感じでした。

YMO、細野晴臣さんにも影響を受けて曲を創作している星野源くん、

この関係はまるでプリンスとラリー・グラハムやジョージ・クリントンと同じ関係ではないか?!

 

若いファンが、細野晴臣っておもしろい。渋い声。と思ってくれて本や曲を聴くようになる。

こういう世代を超えて広がっていく感じが面白い。

細野さんが可愛いかったですね。

清志郎の話になると、源くんの声がちょっと曇り、
ウルっとしながらお話ししているように感じました。

うわぁぁー、っとなんだかドキドキしました。

細野さん!やっぱりいいね。

 

Radikoで星野源のオールナイトニッポンが聴けます。

お聴き逃しなく!

 

  このページの情報がいいな!と思ったらポチッとお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

友だち追加

ブログの更新情報などをお伝えします。

コメント

Comments are closed.