短期バイト探し、おいしいバイト・イヤなバイト体験記

    短期バイト探し、おいしいバイト・イヤなバイト体験記

    ド短期バイト、おいしいバイト・イヤなバイト

    短期バイト探し、おいしいバイト・イヤなバイト体験記

    © ブラックジャックによろしく / 佐藤秀峰 / 漫画 on Web

    若い頃は短期アルバイトをいろいろやりました。
    その中でも短期バイトは面白かった。
    日雇いというやつ

    お金がない!

    そもそも日雇いをやる動機って お金がない! だ。

    お金に困ってやる。

     

    「お金に困ってやったのか?」

    「はい!」

    と即答できるぐらいだ。

     

    転職に失敗して次の仕事が見つかるまで、休む日も惜しんでバイトのスケジュールを詰め込んだ。

    そうしないと家賃も払えなくなる。

    そうじゃなきゃ、一人暮らしのアパートで孤独死だ。

     

    ド短期バイトの登録

    日雇いは特に問題がない限り断られることがないと思う。

    短期バイトの会社に登録して、気に入った仕事があれば申し込んで仕事に行くといった感じだ。無理やりどこかへ行かされたり、何かを強制されたりということはない。

    希望の職種を申請しておけば、電話でオススメのバイトを案内してくれることもある。

     

    経験したバイト

    私が経験したのは、イベントスタッフ、市場の荷物搬入、引っ越しなど。

     

    おいしかったバイト

    武道館や東京ドーム、競技場などのスタッフは有名なイベントの裏側を見ることができて楽しかった。有名アーティストとすれ違うことも。楽しいことと貴重な体験ができることでは一番楽しかった。

    武道館では定位置について、バックヤードにスタッフ以外の人が入ってこないかチェック。会場内ではお客様の席案内をしたりなどが担当だ。

    東京ドームでキッチンセンターから売店までフードを運ぶパントリースタッフをやった。専用のカートにフードを乗せて、給食みたいに売店まで運ぶだけの簡単な仕事だ。

    イベント系はとにかく楽しく楽な仕事が多かった。

     

    引っ越しでもおいしいバイトはあった

    Moving truck

    事務所の引っ越しなどは大人数で現場に向かう。基本団体行動。一人で重い荷物を持つということはない。休憩時間も多く、一件終わってから次の現場に向かうまでゆっくり待機したり。何しろ移動中は車に乗っているだけでいい。
    引っ越し作業に入れば集中してやればいいだけだった。
    深夜の事務所の引っ越しバイトはさらに条件が良かった。

     

    イヤなバイト

    ガテン系でも市場の荷下しのバイトはきつかった。
    早朝、集合場所に行き車で現場まで向かう。

    大型冷凍トラックが到着したら一気に荷下しをして、冷凍室に荷物を運ぶ。主に食品だ。荷下しは重い荷物をとにかくスピーディーに下ろす。

    おろしてから巨大な冷凍室での作業は過酷だった。マイナス20度?!気温は忘れてしまったが、とにかく死ぬほど寒い中で30分から1時間ぐらい作業をする。

    これが本当に死ぬほど寒かった。
    1分がものすごく長く感じた。体力の消耗も力仕事以上に激しい。

    仕事が終わればその日に現金を受け取ることができた。

    仕事自体は午後4時ぐらいになれば終わっていたと思う。

     

    「おかまか?」と言われて悔しかった経験

    引っ越しのバイトでもおいしい現場はたくさんあったし、やさしい社員も多かった。

    しかし今でも覚えている悔しい体験がある。

    ◯◯さんの引っ越し社、ブラック企業という噂もある会社だ。

    言っておくと、ほんとうにやさしい社員も多かった。

    でもそうでない人もいる。

    とにかく引っ越しをスピーディーに行うために「荷物を持ったら走れ!」と言われた。民家の引っ越しは大型トラックが入れないこともあり、その時の引っ越しは車から家までが結構距離があった。何か罰ゲームをやらされているように、荷物を持って往復走り続けた。

    「おら!荷物落とすなよ!壊したら弁償しなきゃいけないぞ!」

    はたから見ればヨロヨロと危なっかしそうだったろう。何度も荷物を落としかけた。

    私はとても運動神経がいいとは言えないし、筋力もない方だ。若い頃はもっとなかった。

    車で移動中、嫌味ったらしく言われた。

    「おまえ、おかまかよ!もっとしっかりやれ!」

    ハンマーで殴られたようなダメージがあった。

    私は怒りを通り越して押し黙ってしまった。

    確かに体力はないけど、そんな言い方・・・

    悔しくて仕方なく涙が出そうだった。

    でも確かに体力がない私も悪いのだ・・・

     

    それ以来、引っ越しのバイトを受けることはなくなった。

     

    ド短期バイトのメリット

    ものすごくツライ思いもしたことはあったけど、楽しい現場の方が多かった。今はアプリでいろいろ検索できるし、いろんな仕事を体験して、いろんなところに行ってみるのも楽しい。

    特に私の場合はイベントスタッフの経験が役に立った。

    自分でイベント企画した時のスタッフの動かし方、タイムスケジュール、事前準備など、ヒントになることはたくさんあった。

    短期バイトは普段できない経験ができるものが多いと思う。

    きっと後々、何かの役に立つはずだ。

    もちろん即収入になるのもうれしい。

     

    おすすめ職探しサイト

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    君の名は。バナー

    SNSでもご購読できます。

    友だち追加

    ブログの更新情報などをお伝えします。